セルフアセッサーとは、経営品質協議会が社内で経営革新を進めるプロセスを推進・支援していく役割を担う人を「セルフアセッサー」と位置づけ、育成支援している取り組みです。

また、経営品質とは顧客や市場の視点から見た経営の“質”のことで、製品やサービスの品質だけでなく「組織が長期にわたってお客様の求める価値を創出し、市場の競争力を維持するための仕組みの良さ」を表しています。組織全体がお客様に信頼されるために、代表自らセルフアセッサー認証を取得し、管理体制のさらなる品質強化に努め、短納期・低価格・高品質の追求に徹しています。